『北の大地の夢しずく』は妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫?胎児への影響

妊娠中に起こる情緒不安定。

その影響で、不眠に陥り体調を崩す人も少なくありません。

そんな時に『北の大地の夢しずく』が手元にあればぜひ試したいもの。

妊娠中は成分や胎児への影響など気にしてしまい、いいものと分かっていても、心配で手が出せない。

でも安心して下さい。

『北の大地の夢しずく』は妊娠中・授乳中の方でも安心して飲めます。

ではなぜ大丈夫なのか、その理由を見ていきましょう。

『北の大地の夢しずく』の成分

北の大地の夢しずくの成分は次の通りです。

<主な原材料名> 
酵素処理アスパラガス抽出物、ギャバ、ホップエキス、クワンソウエキス、テアニン、ビタミンB群(B1、B2、B6)

アスパラガス

アスパラガスは、穂先に疲労回復するアスパラギン酸や毛細血管を強くするルチンが多く含まれています。

さらに、注目なのが妊娠中の方にはうれしい葉酸が190μgと豊富に含まれています。その量は葉酸で有名な、ほうれん草に次ぐ多さになります。

ギャバ

ギャバはチョコレートに含まれる成分で、ストレス解消やリラックス効果があるとされています。

実は、ギャバは妊娠中に摂取しても安全なのか証明されていないのが現状です。逆に言うと危険とも証明されていません。

どちらにせよ、偏った過剰摂取をしなければ安全といえます。

ホップエキス

ビールに使われる原料、ホップは実はとても身体にいいものとされています。

もちろん妊娠中・授乳中の方から見ても「ホップ」はいいものとされます。しかし、これがアルコールの入ったビールになると話は別。妊娠中・授乳中はアルコールはさけるべきです。

クワンソウエキス

クワンソウとは、中国を原産とするユリ科の植物。日本では「アキノワスレグサ」と呼ばれます。

フルーティーで麦茶に似た味わいとされます。クワンソウの根にはアスパラと同様、アスパラギン酸が含まれる。

ストレス解消やリラックス効果が期待されます。副作用の報告はありません。妊娠中や授乳中でも安心して摂取できます

テアニン

テアニンは睡眠不足解消サプリには代表といっていいほどの成分です。抹茶や緑茶などに多く含まれるアミノ酸の一種で、リラックス効果があります。この成分が快適な入眠を助けてくれるのです。

妊娠中でも大丈夫ですが、どの睡眠解消サプリには「心配な方は医師に相談の上、使用してください」と書かれています。

妊娠中でも大丈夫?

結論から言えば、「北の大地の夢しずく」は妊娠中・授乳中に飲んでも、大丈夫といえます。

しかし、体質によっては敏感な方もいます。他の人は大丈夫でも自分はダメだったという事もあります。体質には個人差ありますので、心配なら医師に相談すること大事です。

精しくはコチラ↓↓↓